ヘアカラートリートメントを構成する成分の種類

ヘアカラートリートメントの成分構成は?本当にカラートリートメント成分が髪に潤いを与えてくれるのか?また最大の特徴は?

ヘアカラートリートメントを構成する成分の種類

最近は、様々なメーカーからヘアカラートリートメントが販売されていますね。

スカルプDシャンプーで有名なアンファーも販売しているので、目にした事があるのではないでしょうか。


白髪染めなら「スカルプDボーテ」ヘアカラートリートメント | スカルプD公式通販 | シャンプー・エイジングケアのアンファーストア | ANGFA

そしてヘアカラートリートメントは、市販の白髪染めに比べて髪の毛や頭皮に与える負担が少ないとも言われています。

では、そんなヘアカラートリートメントは一体どのような成分で構成されているのでしょうか。

ヘアカラートリートメントに配合されている成分としてはまず、染料が挙げられます。

染料とは白髪を黒く、あるいは茶色く染めるために物で、植物成分由来の染料と、化学成分由来の染料とに分けることができます。

またヘアカラートリートメントの要ともいえるのが、トリートメント成分です。

トリートメント成分には髪の毛にハリやコシを与える成分、つまりダメージを修復する成分と、髪の毛の表面をコーティングしてキューティクルを保護する成分とがあります。

そしてダメージを修復する成分にはアルギニンや加水分解ケラチン、植物由来のオイル、海藻エキスなどが、髪の毛をコーティングする成分には、ホホバオイルやセラミド系の成分、スクワランなどがあります。

ちなみに髪の毛をコーティングする成分としてはシリコンも有名ですが、シリコン系の成分が配合されている白髪染めはあまりおすすめできません。

というのもシリコンで髪の毛をコーティングしてしまうと、白髪染めの影響でアルカリ性になっている髪の毛をそのまま閉じ込めてしまうため、その内部で髪の毛がどんどん傷んでいってしまうのです。

またこれらの成分の他、商品によっては防腐剤や酸化防止剤、安定剤等が配合されている場合もあります。