機能性表示食品の在り方を考える

by ,

機能性表示食品とは消費者庁が認可して販売可能になる食品であり、厚生労働省が監督している特定保健用食品であるトクホとは全く違います。

最大の違いはトクホは国がその効果について確認をしていますが、機能性表示食品の場合は論文など事業者側が根拠を提示し販売許可がおりた時点で販売可能になる事です。

ひざサポートコラーゲンも機能性表示食品であり、事業者側が一定数で試験を行い、ひざの曲げ伸ばしに関して良い効果を発揮できた結果を持って販売可能となっています。

加齢に伴いひざの曲げ伸ばしをする際痛みを感じるケースも増えていきます。

ひざや関節部位の痛みの原因となりやすい要因の1つに関節部位の軟骨がすり減ってしまい、神経を痛みやすくなってしまう例があります。

ひざサポートコラーゲンはそのひざの曲げ伸ばしをサポートしてくれますので生活の質を上げていく事が出来ます。

機能性表示食品はトクホと比較し国のチェックがありませんので販売も容易になっています。

機能性表示食品について詳しくは…http://www.nikkei.com/article/DGXZZO85140200R00C15A4000000/

ただしあくまで食品の分類の1つとして販売されていますので、食品の成分アピールがしやすい商品となっています。

消費者庁が認可監督している商品であり元来消費を上げていく為に開発された区分ですのでトクホと比較し知名度はまだそう高くはありません。

とはいえ国が認可して製品ですので安全性が高く、安心して摂取していく事は出来ますので、摂取の際の安心感は高いです。

食品からでは摂取しにくい成分が多いですので、良い製品は積極的に活用していきたいですね。